「ひとりは皆のために」オファサポートはトライし続けます

社長挨拶

服部幸雄社長から皆様へご挨拶

変化を恐れず、自分を信じ実行する

平成18 年4 月に、南九州自動車教習所を創立して以来、皆様のご支援により順調に業績を伸ばし、平成20年7月には、(株)オファサポートとして法人を立ち上げました。法人化した同年には、今後の高齢化社会を見据えた仕事が今後は求められるとの思いから、福岡市にて訪問リハビリマッサージを行う「九州療養サポートセンター」を設立し、その5年後には同じ福岡に「リハビリデイサービス」を開設。今日まで、自動車教習所と医療・療術業、介護・福祉事業の3本の柱で運営してまいりました。
社名オファサポートのオファとは、弊社の理念“One For All”の頭文字OFA をつなげたものです。「みんなはひとりのために」という考えを表したものですが、自動車教習所とはまったく業態の違う事業に着目し、高齢化社会を迎える未来を考えて「九州療養サポートセンター」を立ち上げたのは、この理念が私の根底にあったからといえます。
また、平成25年に宮崎市内でも介護事業に着手したいと考えた際に、介護事業と自動車教習所の2 つの事業が融合した、「カーリハ&菜園デイみなみ」という自動車を使ったリハビリ事業を着想できたのも、One For Allの理念があったからです。カーリハ( 自動車運転リハビリ) は、全国的にも初の取り組みで、設立当初は、理解していただくのに苦労しましたが、ある病院から高次脳機能障害の方の運転再開の評価に利用したいという申し出を受けてから、少しずつ認知されるようになりました。現在では、警察の高齢者講習でも内容を深めた実車の評価が求められつつあることから、病院と大学、県警とも連携しながら、弊社が中心となってカーリハの効果をデータ化し評価するシステム作りを進めています。この未来型の自動車運転評価システムを構築し、全国展開まで視野に入れて挑戦中です。
九州各県に直営9店舗、代理店7店舗と地元宮崎で事業を行っていますが、本社は宮崎に置き、地域に貢献できる法人へと成長してまいります。また、常に挑戦し続け、社員一人ひとりが誠意を持って、最善を尽くすサービスができるよう、“All For One”の理念を追求していきたいと存じます。

「WISH IT, DREAM IT, DO IT」望め!夢をみよ!実行せよ!

まだまだ発展途上ではありますが、今後とも皆様のご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。

代表取締役社長
服部幸雄

会社概要

オファサポートの外観の写真
名  称株式会社 オファサポート
創  立平成18年4月26日
法人設立平成20年7月22日
代 表 者服部 幸雄
資 本 金10,000,000円
取引銀行宮崎銀行 鹿児島銀行 西日本シティ銀行 みずほ銀行
事業内容産学官連携事業
自動車教習所の運営
医療・福祉・介護・療術業
通所介護(デイサービス)施設の運営
障害児通所(デイサービス)施設の運営
住宅型有料老人ホームの運営

経営理念

「One For All」皆が支えあい、最高のチームプレイを心がけています
  1. 「One For All=1 人は皆の為に」
    一人ひとりが自立しながらも支え合う、最高のチームプレイを行う
  2. 「社員と会社が追求するベクトルは同じ」
    社員が幸福で充実して働ける環境に、会社が発展し続ける未来がある
  3. 「期待を裏切らないサービス」
    社員一人ひとりが技術の向上を目指し、いつも期待を超えるサービスを提供する

沿革

株式会社オファサポート
九州療養サポートセンター、リハビリデイ九州療養サポートセンター、放課後等デイサービスアクアリオ
カーリハ&菜園デイみなみ、多機能型障がい児通所支援事業所みなみ
南九州自動車教習所、株式会社宮崎ドライビングスクール
住宅型有料老人ホーム・訪問介護はくじゅ、デイサービスセンターはくじゅ

2006年 4月南九州自動車教習所創立
2008年 7月株式会社オファサポート設立
2008年 8月訪問リハビリマッサージ(九州療養サポートセンター)福岡市東区にて開業
2009年 10月売上500万円 / 月達成
2010年 7月独自開発のリハビリマッサージ管理システム稼働 本部(博多支店)を博多区に開設 教習所コースを取得
2010年 9月フランチャイズ契約開始(2店を宮崎にて契約)
2012年 10月利用者数200名、売上800万円 / 月達成
2013年 2月リハビリに特化した2 部制介護サービス リハビリデイ九州療養サポート開業
2013年 8月フランチャイズ3 店契約(久留米、熊本、北九州)
2013年 10月フランチャイズ契約(鹿児島県霧島)
2013年 11月九州ブロック総決起大会開催
2013年 12月新本社社屋・竣工 移転 フランチャイズ契約(熊本県人吉)
2014年 1月フランチャイズ契約(福岡市東区)
2014年 4月フランチャイズ契約(福岡県飯塚)
2014年 6月日本初の運転リハビリを行う介護サービス カーリハ&菜園デイみなみ 開業
2014年 7月直営店を久留米に開設
2014年 12月直営店を佐賀に開設 フランチャイズ契約(福岡県糸島) 九州ブロック総決起大会開催
2015年 3月売上1000万円 / 月達成
2015年 5月自動車運転評価システムプロジェクト始動
2015年 7月フランチャイズ契約(大分)
2015年 12月九州ブロック総決起大会開催
2016年 4月直営店を5店舗開設(大牟田、熊本、長崎、鹿児島、下関)
2016年 6月AI型自動車運転評価システム(S.D.A.P.)プロトタイプ完成
2016年 10月本社屋別館・着工
2016年 11月弊社が宮崎県成長期待企業に認定される
2016年 12月九州ブロック総決起大会開催
2017年 1月S.D.A.P.関連商標10件登録完了
2017年 2月自動車運転評価サービス事業が中小企業庁の異分野連携新事業分野開拓計画(新連携事業計画)に認定される
2017年 2月S.D.A.P.の特許登録完了
2017年 5月株式会社宮崎ドライビングスクールが弊社のグループ企業となる
2017年 6月S.D.A.P.を活用したカーリハサービス事業が第4回ヘルスケア産業づくり貢献大賞で九州経済産業局長賞を受賞
2017年 7月住宅型有料老人ホーム・訪問介護はくじゅ、デイサービスセンターはくじゅが弊社の傘下となる
2017年 7月放課後等デイサービスアクアリオ開業 多機能型障がい児通所支援事業所みなみ開業
2017年 9月TECH PLANTER 2017 第5回ディープテックグランプリでS.D.A.P.が最優秀賞を受賞
2017年 9月S.D.A.P.を活用した事業が国の平成29年度健康寿命延伸産業創出推進事業に採択
2017年 12月S.D.A.P.の取り組みが宮崎銀行ふるさと振興助成事業に認定
2017年 12月経済産業省の地域未来牽引企業に選定
2018年 2月直営店を京都に開設
2018年 3月中小企業庁 はばたく中小企業・小規模事業者300社に選定
2018年 3月S.D.A.P.の取り組みが、第4回九州未来アワード ソーシャルイノベーション賞受賞
2018年 3月直営店を沖縄に開設
2018年 5月経済産業省 地域中核企業創出・支援事業における地域中核企業に選出
2018年 5月リハビリデイ九州療養サポートセンター、放課後等デイサービスアクアリオ(閉所)
2018年 5月直営店を熊本県人吉に開設
2018年 6月S.D.A.P.を活用したサービス事業が九州ニュービジネス大賞でアントレプレナー大賞を受賞
2018年 6月フランチャイズ契約(熊本県八代)
2018年 8月フランチャイズ契約(福岡県久留米市)

事業所

オファサポートと人々の写真
  • 本  社  宮崎県宮崎市大字島之内3535番地2
      TEL 0985-71-0006  FAX 0985-71-2437
  • 南九州自動車教習所
     【教習所】   宮崎県宮崎市大字島之内古川3535番地2
      TEL 0985-39-0373  フリーダイヤル 0120-928-407
  • カーリハ&菜園デイ みなみ
     【宮 崎】   宮崎県宮崎市大字島之内古川3535番地2
      TEL 0985-39-5522  フリーダイヤル 0120-848-373
  • 多機能型障がい児通所支援事業所みなみ
     【宮 崎】   宮崎県宮崎市大字島之内古川3535番地2
      TEL 0985-39-5522  フリーダイヤル 0120-848-373
  • 株式会社宮崎ドライビングスクール
     【宮 崎】   宮崎県宮崎市本郷北方2220番地
      TEL 0985-52-2976  フリーダイヤル 0120-4574-14
  • 住宅型有料老人ホーム・訪問介護はくじゅ
     【宮 崎】   宮崎県宮崎市大字赤江字飛江田1052-1
      TEL 0985-74-7070
  • デイサービスセンターはくじゅ
     【宮 崎】   宮崎県宮崎市大字田吉字東前島2478-1
      TEL 0985-64-0255
  • 九州療養サポートセンター
     直営店
     【本部】    福岡県大野城市中3丁目15‐12
      総合受付センター 0120-675-777
     【東支店】   福岡市東区下原4丁目 7-40-104
     【西支店】   福岡西区小戸4丁目5-3 101号
     【久留米支店】 久留米市合川町2034-1 102号
     【佐賀支店】  佐賀市鍋島町大字八戸1624-7 2F
     【大牟田支店】 福岡県大牟田市大字宮崎11-2-402
     【熊本支店】  熊本県熊本市東区長嶺南4丁目10-5 102号
     【長崎支店】  長崎市界1丁目5-5 1-402号
     【鹿児島支店】 鹿児島市広木2丁目5-1 102
     【下関支店】  山口県下関市形山みどり町10-3 203号
     【京都支店】  京都府京都市伏見区向島吹田河原町129 15号
     【沖縄支店】  那覇市松川字299-2 A-1
     【人吉球磨支店】  熊本県球磨郡錦町一武1535-1
    FC 代理店
     【北九州療養サポート】(福岡県北九州市)
     【ハーティ治療院】(福岡県太宰府市)
     【アルバ訪問マッサージ】(福岡県久留米市)
     【大分療養サポート】 ( 大分県大分市)
     【にっこり訪問マッサージ】 (熊本県八代市)
     【メディカルサポート】(宮崎県宮崎市)
     【霧島療養サポート】(鹿児島県霧島市)
      システム販売・事務代行 2店舗

組織図

オファサポートの組織図

アクセス

  

社長インタビュー

これまでとこれからを語る服部幸雄社長

会社概要

―まずは会社の沿革を。
服部 幼少期に父が自動車学校に勤務していた思い出から、漠然と教習所業界を目指すようになり、26歳の時に宮崎市内の自動車学校に就職し、国家資格となる指定自動車教習所指導員の資格を取得しました。そして29歳の時に独立して教習所を開業し、複数の教習所が共同で利用するコースを借りて指導を行っていました。それから2年後に株式会社オファサポートを設立し、平成24年には教習所の敷地購入と新たな事務所を構え、現在の南九州自動車教習所が完成しました。また株式会社の設立と同年に、福岡市にて介護事業も立ち上げ、現在は教習所と介護事業を両軸として運営を行っています。

南九州自動車教習所

―会社設立の発端となった教習所の開校ですが、自動車学校ではなく教習所を選んだ理由は。
服部 まず自動車学校(指定自動車教習所)と教習所(特定届出自動車教習所)の大きな違いとして挙げられるのが、自動車学校は校内で本免許技能試験を受験することができますが、教習所は運転免許試験場に赴いて自身で試験を受けなければなりません。その一方で、自動車学校は最低教習時間や学科のカリキュラムが義務付けられており、例えば、免許の再取得を目指す方や会社員の方々は、カリキュラムが合わずに教習を受けられないことが多々あります。こうしたニッチなニーズに応えるべく、あえて自動車学校ではなく、利用者に合わせたオンデマンドな教習が可能な教習所の開校を目指しました。
開業当初は、一台5万円の教習車の購入からスタートし、年間20 名程の生徒を個人で指導しておりましたが、次第に入校者が増え、それと合わせて教習車の追加や従業員の雇用も拡大し、今では、場内教習車11台、路上教習車10台、送迎車4台となり、企業全体の従業員数は60 名、教習所の生徒数は当時の10倍となる年間200名程に拡大しました。(平成25年時データ)
―利用者の割合は。
服部 当教習所では学生が6 割、それ以外の方が4 割程です。先述したとおり、利用者に合わせた教習が可能ですので、例えば一日予定が空いている日に指導員も時間が空いていれば、好きなだけ教習を受けることが可能ですので、上達が早いだけでなく、短期集中して技能を習得することが出来ます。その分、当教習所の人件費が削減出来るだけでなく、教習料金も自動車学校と比べて約4~5万円程安くなります。
 また、県内の特定届出教習所業界で株式化しているのは当教習所のみであり、指導員や人員配置に関しては自動車学校と近い基準で揃えており、研修も自動車学校の職員と同じ研修施設に派遣します。教習所は商品がない分、人材が何よりも大切ですので、人材教育には特に注力しており、質にこだわった運営を継続してきたことが今の成果に繋がっていると思います。

教習所と福祉事業の融合

―利用者に合わせた使い方が出来るということですね。その延長とも言いますか、高齢者の講習も行っていますね。
服部 少子高齢化の波を受け、教習所として何か高齢化社会に向けた対策が出来ないかということで、平成23 年より高齢者講習を開始しました。宮崎市内の自動車学校を除く教習所では唯一当教習所のみが実施しており、昨年1年間の利用者が444名でした。今年は1~3月の時点ですでに269 名となり、年間を通して500名以上の利用を見込んでいます。
―さらに、高齢者向けの事業として、教習所を利用した新しい取り組みも行っているとか。
服部 福岡で立ち上げた介護事業が軌道に乗り、宮崎にも同事業の展開を、と思案するも、県内の介護事業は飽和状態であり、独自の特色を出すべく教習所を活用した介護事業が出来ないか、と着想したのがカーリハでした。カーリハとは車の運転を利用したリハビリで、指導は専門の指導員が行い、教習所内での運転のため極論では運転免許も要らず、さらに運転に必要な認知・判断・操作を繰り返すことでリハビリにも最適だと考え、日中のデイサービス活動を運転に変えた、新しいサービスとして開始しました。現在は定員18 名/日で、みなさん運転好きな方が多く、思い思いに運転リハビリを楽しんでいらっしゃいます。
―カーリハと合わせて、菜園デイも行っているそうですね。
服部 教習所内に点在するデッドスペースを有効活用し、こちらもデイサービス活動の一環として、土作りから収穫までを行う菜園デイを行っています。カーリハの休憩中に菜園デイを取り入れ、現在はじゃがいもやとうもろこし、茄子など、20種類ほどの作物を栽培しています。さらに年2回、菜園で収穫した野菜を利用し、デイの利用者と教習所の生徒と合同でバーベキュー大会を開催しています。利用者の方々はこの機会を目標に、栽培に意欲的に取り組まれ、収穫の喜びだけでなく、若者との触れ合いの場としてとても喜ばれています。
―どちらも面白いアイディアですが、特にカーリハは非常に珍しい取り組みですね。
服部 カーリハは全国初の取り組みであり、開始当初は実績もなく、周囲の方々に理解していただくのにとても苦労しました。しかし、開始から3カ月経った頃、県内の病院からカーリハを利用したいというお申し出があり、詳しく話を伺うと、高次脳機能障害の方が運転を再開する際、病院内で行うシミュレーター等だけでは評価が難しいということで、実車評価としてカーリハを活用したいということでした。さらに、病院だけでなく、警察の高齢者講習でも実車での具体的評価が求められているということで、現在は病院と大学、県警にも相談しながら、当社で産学官連携を目標に、カーリハの実際の効果をデータ化する新しい取り組みを開始しています。カーリハ開始時はまさかここまで取り組みが広がるとは思っておらず、私自身もとても嬉しく思っているところです。

今後の展望

―発展が楽しみですね。それでは最後に今後の展望を。
服部 ふとしたアイディアに端を発したカーリハは、産学官連携という強力なサポートを目標に、今後成功させなければならない重要な事業です。この未来型「自動車運転評価システム」は将来的には当教習所発信の新システムとして全国展開できるよう邁進していきたいと思います。
また、教習所に関しては、今後利用者のニーズに最大限応えていくためにも、届出教習所と指定自動車学校の両方の施設を有した複合型の教習所を設立することが私の最終目標です。県内にはまだそうした教習所はなく、高いハードルにはなりますがぜひ実現していきたいと思います。
―ありがとうございました。今後のご活躍も期待しております。(聞き手・田良島里佳)

スタッフインタビュー

医療・療養事業部 部長 川本さん

医療・療養事業部 部長 川本さん
訪問リハビリマッサージ九州療養サポートセンターは直営10事業所とFC展開を行っております。2008年に事業を開始後、私はこの事業と共に歩んできました。現在、九州各県及び山口県に展開しており、ようやく全国展開の為の基礎体力が出来てきたと感じております。これから、団塊世代が後期高齢者に突入していく2025年までに全国展開を成し遂げるべく、事業のスピードを加速させていきます!!そのために、全国各地を回り治療家の育成に取り組み目標達成を目指します!

カーリハ&菜園デイみなみ 支店長 正覺さん

カーリハ&菜園デイみなみ 支店長 正覺さん
多機能型障がい児通所支援事業所みなみの支店長をしております。車校サービスと福祉の融合(教習所と併設)から生まれた高齢者施設の車を使った斬新なリハビリ、カーリハや、障がい児施設の横断歩道や点字ブロックのある教習所敷地で行う交通安全療育は日本でも大変珍しいサービスです。ジムのような機械的なリハビリや訓練とは違い、明確な目的を持つ事でより実践的で効果も大きく、何よりも楽しく通う事ができます。地域の子供や高齢者全ての世代の方々の夢や目標を叶えるお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

車校・サービス事業部 部長 稲村さん

車校・サービス事業部 部長 稲村さん
私は「車校・サービス事業部」の部長として、宮崎県内で運営している南九州自動車教習所、グループ会社 宮崎ドライビングスクールの事業運営の統括管理を担当しています。弊社は自動車学校と自動車教習所を運営しているため、免許取得を検討されている方の様々なニーズに沿った教習プラン、料金プランをご提案できます。ただ免許を取得するだけではなく選んでよかった!!と思って頂ける車校を、卒業してもまた遊びに行きたくなる車校を目指しています。皆さん、一度遊びにお越しください。最高の笑顔でお迎えいたします!!

IT事業部 主任 近江さん

IT事業部 主任 近江さん
私は、AI型自動車運転トレーニングシステムであるSmart Driving Assessment Program(略称S.D.A.P.)の開発に携わっております。このS.D.A.P.と呼ばれるシステムは、デイサービスのカーリハ(自動車の運転を使ったリハビリ)、教習所の高次脳機能障害者等の運転再開に向けたトレーニング、運転免許返納へ向けたソフトランディング等、弊社が運営する事業の現場の「運転技能を可視化したい」というシンプルなニーズから生まれたもので、模範運転を学習したAI(人工知能)が運転技能を分析することで詳細な可視化を実現しています。このシステムを完成させて、世界中から交通事故を無くし、高齢ドライバーの皆様が末長く安心、安全に運転できる社会を目指したいと思います。

総務部 部長 有澤さん

総務部 部長 有澤さん
私は事務方の統括管理を担当しています。当社では、現在、多岐にわたる事業を展開しておりますが、それぞれが画一的な事業ではなく、ハイブリットな事業内容での運営を目指し、様々な社会問題にチームOFAとして全力で取り組む企業ブランドの確立に向けて尽力していきたいと考えております。

ページの先頭に戻る